デザイン工務店

  • news
  • favorite

close ×

デザイン工務店

  • news
  • favorite

close ×

close ×

WEBマガジン

ショップ:インテリア|家具

インテリア性のあるアイテムがそろう「アスキースインテリア」|愛知県日進市

おしゃれな雑貨店やカフェが点在する注目のエリア、愛知県日進市竹の山にやってきました。

大学が多いこともあり、学生の街というイメージもありますが、このあたりは落ち着いていて、閑静な街並み。

そこに馴染むように佇む一軒のインテリアショップ「アスキースインテリア」を発見。

蔦の生えた壁と、どことなくアメリカンヴィンテージな外観が素敵ですね。

ちょっとお邪魔してみましょう。


店主自ら買い付ける“一点でも目を引く”アイテム



お店に入ってすぐさま目に入ったのが、ライト系のアイテム。

そして、ダークな色合いのソファと小物。ちょっとインダストリアルな素材・配色のものが多いのかな?という印象です。

どことなくオールドヴィンテージな感じもあって、男性が好みそうなものが多いな!という印象を受けました。





電球の明るさや雰囲気を試せます!


店主の本田さんにお話を聞くと、アイテムは全てご自身で買い付けに行くのだそう。

どれも「一点でも目を引くような、インテリア性の高いもの」を中心にセレクトしているのだとか。

「例えばコップ一つ、ライト一つでも、雰囲気のあるものですね。

ただその用途として使うのではなく、置いておいてもインテリアの一部になるような。そうすることで愛着も沸くんですよ」








なるほど、確かに!眺めておきたくなるような小物も豊富ですね。

ちょっと置いておくとゲストを招いた時も「これなにに使うの?」「どこで買ったの?」なんて話題にもなりそう。



木製テーブルやシェルフは無垢の素材が人気



一方、テーブルなどの木材は無垢のものが多くありました。
ベーシックな無垢材とインダストリアルなアイテムは、意外と?相性がいいんですね。




すべすべとした手触りが良すぎるー。
現在の主流はウォールナットやホワイトオーク。木目の持つ風合いを楽しんだり、高級感を演出したいならウォールナット、部屋を明るめにしたいならホワイトオークをセレクトするのがいいのだそうです。

テーブルの素材ひとつとっても、ガラリと印象が変わるものなんですね!

品揃えにもよりますが、リビング・ダイニングテーブルは¥50,000円前後~、雑貨はどれも¥1,000~¥3,000台といった価格感でした。

店内のアイテム全てに店主のこだわりを感じる「アスキースインテリア」。
ちょっと「秘密基地」っぽいインテリアにしたい!という男性ゴコロをくすぐりそうなインテリアショップでした。

住所:愛知県日進市竹の山3丁目401
電話番号 :0561-74-2227
営業時間 :平日11:00-18:00(定休日:火曜) ※祝日を除く
ウェブ  :http://www.asquisse.co.jp

PAGE TOP